TERMINAL CARE

             〜最期まで一緒〜

介護とは / 介護保険制度 / 要介護認定 / 要介護度 / 訪問介護 / 身体介護 / 施設について / ショートステイ / デイサービス

>> 介護とは/介護予防

介護とは

 介護とは、寝たきりの高齢者や病人、障害者など、日常生活に支障がある人の自立のために、食事、排泄などの身の回りの世話や介抱などをすることです。現在は介護施設や介護サービスが充実していますが、以前は家族が介護を行うのが常識となっていました。そのため家族に負担がかかったのですが、現在では自宅でも介護を行いやすい介護用品が続々と販売されていますので、以前よりかは負担は軽くなったといえます。

近年、有料老人ホームなどの介護施設が増えています。有料老人ホームに預ける人の殆どが、共働きで忙しい夫婦などです。一昔前であるならば、夫が働きに出て、妻が家を守るというポジションでしたが、今はその考えももう古く、妻もバリバリ働くという家庭が増えてきています。介護に限界を感じたり、かいごする側が体調を崩してしまったりということも増えています。そんな場合はヘルパーさんに介護をお願いするのもいいでしょう。有料老人ホーム選びの際には資料請求や実際の施設に見学に行き、最適な施設を慎重に探しましょう。

 介護保険法で給付されるサービスには、大きく分けて2つあります。一つは訪問介護やデイサービスなどの在宅サービスであり、二つ目は特別養護老人ホームやデイケアセンターなどの福祉施設でのサービスです。これらの介護サービスを利用するには、要介護認定を受ける必要があります。その段階によって要介護度も区分されています。

 このような介護ニーズへの高まりから、最近では、介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー(介護支援専門員)等の専門職も注目を浴びています。介護という言葉は昭和40年代の頃からよく使われるようになりました。さらに、社会の高齢化にともなって平成12年に施行された介護保険法により、高齢者の在宅サービスや保険制度が社会に浸透してきました。

 

介護予防

 介護予防とは、高齢者が自分らしく生活していくために危険な老化のサインを早期発見すること、生活機能の維持・向上を積極的に図り、要支援・要介護状態の予防及び重傷化の予防、軽減により、自らの力を取り戻していくことです。

 介護保険制度は、平成12年度から施行され、増加し続ける介護ニーズを国民全体で支える保険システムとしてスタートしました。しかし、要介護認定者(特に軽度者の大幅な増加)の増加に伴い、過剰なサービス利用や、軽度者によるサービス状態の改善に繋がっていない事を理由に、18年4月介護保険法の一部改正により、「新予防給付」「地域支援」の創設を行い、予防重視型システムへの転向を図ることになりました。

Valuable information

水素水の製造技術で特許取得! 独自の製造機、パッケージングにより高濃度の水素水を量産、工場より全国の皆様へ直接お届けいたします。|水素水の専門店 TED水素水ショップ

水素水の専門店 TED水素水ショップの水素水は効果抜群

プラセンタクリームで美肌を目指す

外壁塗装や屋根塗装の工事業者をお探しなら、東京を中心とした埼玉、千葉、神奈川で選ばれている外壁塗装ラボへ!

屋根塗装を依頼する

ネイルサロン 浦和

 

介助に際しての心構え / 高齢者が病気になったら / 高齢者にノロウイルスの症状が現れたら

Copyright(c)2008 TERMINAL CARE .All Rights Reserved